ご自由な投稿もお待ちしてます mail   Home



~~Blog estrellita 小さな星~~

2022.12.03 10:00



録画した番組を見ていたらとても
興味深い写真が紹介されました。
ダイハツミゼットが止まっているので
時代は昭和40年頃でしょう。
長野市篠ノ井の一画でお寺の歴史とも
関係のある所です。


~~~~~~~~~

マリちゃん(長野市)



夕べ運転していたらおっきな流れ星を
見ました‼
これはドラレコに映ってた映像ですが
大きな緑色をしていて興奮が抜けないくらい
びっくりしました。




流星研究会というサイトを見たら出ていて
緑色の火球だったようです。
火球は滅多に見られないらしく
とてもラッキーでした。


~~~~~~~~~

2022.12.02 10:05



今朝の早朝の法行も
とても良い法行になりました。



(フィルター加工してあります)
次号寺内誌新年号用の原稿を
書き始めましたが
文章を書くのはやはりとても
難しいです。



(フィルター加工してあります)
今回はこの一枚の写真を元にした
回顧を含む原稿です。



~~~~~~~~~

2022.12.01 9:05



菅平に冠雪があったようで
適度に冷えてきて
気持ちの引き締まる朝です。




ポケットティッシュを普通のティッシュの
ように使いたくて
空き箱でケースを作りました。
と言ってもサイズの合う箱に入れて




フタに穴を開けただけですが、




底に滑り止めを貼ったので
使い勝手は割と良いです。



~~~~~~~~~



ビゼーの「真珠採りの歌」には
「耳に残るは君の歌声」という
副題が付いてますが
とても短い曲ながら
とても耳に残る奇麗な曲です。

無料のフルート楽譜が
チェロでもそのまま使えたので
さっそく弾いてみてます
が、
耳に残るようになるには
小品ながらやはりたくさん
弾き込まないとです。


~~~~~~~~~

2022.11.30 9:15



金泥は水よりも軽いので
筆や用具も水でさっと洗い流せて
後始末がとても楽ですが
黒墨の方は結構気を使います。

これは就任時にお祝いでいただいた硯で
上等すぎて使うのが勿体なく
10年間ずっと飾ってました。
最近ようやく使い始めたものです。




筆も使用後の後始末で
寿命が随分違ってくるものだと
実感します。

穂の長さや堅さ
持ち手の太さや色合いでも
書く時の感覚が微妙に違ってきて
そこらあたりもとても面白いです。


~~~~~~~~~




明朝より来月八日まで臘八大接心
未明の数時間の座り込みがとても良く
大好きな接心です。
個人的には一年の計は臘八だなと
感じます。


~~~~~~~~~

2022.11.29 9:30



境内でアオゲラを見つけました。




アオゲラの主食はアリだそうですが
地面にいるのは初めて見ました。
頭の赤が鮮明なのでオスですね。


~~~~~~~~~




フォーレの「夢のあとに」は
♭三つのハ短調で、
動画や音源のチェロ演奏は
この調が殆どですが
半音がとても取りにくく感じ
ハ長調に転調して弾いてたのですが、
外国の某チェリストの演奏を見てると
原譜でも弾けそうに思いました。
これで原譜の運指も彼から学べます。
写真はフルート用の無料楽譜です。

~~~~~~~~~

2022.11.28 10:00



二羽の白鳥に
名前が付きました..




目下、いただき物の礼状などは
これらの写真で手作りしてます。


~~~~~~~~~



きのうの絡子袈裟には
ご依頼人のお名前から一文字いただいて
心映、しんえい
心を映すの言葉を書きました。
バランスもよく書けたので
臘八の入行証にも
これを使おうと思います。


~~~~~~~~~

2022.11.27 9:05



きのうは暖かかったので
夕方は車をオープンにしました。
オープンにするタイミングは
窓を少し開けるタイミングと
同じなのです。




奈良で柿農家をされてる方が
今年もりっぱな柿を送ってきてくれました。
吉野の地名は懐かしくて
柿が実ってる風景なども想像します。




某方から新たに絡子袈裟を所望いただいたので
どんな素敵な言葉を書こうか..
その方に最もふさわしいと思う
言葉を見つけて書くのがいつも楽しみです。
今日はこれともう一枚書き物を
仕上げようと思います。


~~~~~~~~~

2022.11.26 9:55



駐車場に行く裏の山道も晩秋の色合いです。
ここは春先にはいろんな野鳥の
鳴き声も楽しめる
身近でとても好きな場所です。




 日が短くなったので
夕方6時過ぎには駐車場からも
長野市内の夜景が奇麗です。


~~~~~~~~~



「花は咲く」という曲は
YouTubeでこの女性の演奏を聴き
ゆったりとした深い音色に魅了され
何回も聴いて音を覚え
運指を真似て音を探しながら弾くという
ことをやってきたのですが、




先日のNHKのど自慢で
この曲を歌った女子高生の歌声が
素晴らしくて
あらためて歌詞を見直しました。
あんなふうにチェロでも音色を表現できると
いいなと思います。